膝の痛みから来る症状

膝に痛みを感じて歩行の先に足に気を使いバランスの悪い歩き方をしていると、腰痛になる場合があります。

膝の痛みは、足の関節に水が溜ってしまったり、骨同士が擦れてぶつかる事から感じます。

歩行時や立ち上がる動作・座る動作・階段の上り下りで、膝の痛みを強く感じるのは関節のクッションの役割が果たせていないからです。

その為に、足を庇おうとして無理な体勢や偏った重心での動きになってしまい、膝の痛み以外でも身体の各所の関節がトラブルを生じやすくなります。

また、膝の痛みを感じる前に腰痛がひどい方も同じで、腰を庇おうとする生活習慣では後に足に負担が掛かる事になります。

関節等にトラブルが生じた場合はすぐに専門の病院や整骨院等に診察をしに行く事が大切です。

現在では、膝に痛みを生じている場合、薬療法の他にもマッサージや針・お灸・サプリメントでの対処法もあります。

特に、トラック仕事や車の運転を中心にしている方には薬療法は難しくなるでしょうが、膝の痛みを我慢する事は出来ない事ですし我慢をしては良くないので、針治療やお灸・マッサージ療法を受ける事をお勧めします。

膝の痛みで診察を受ける場合は、自分の生活環境の事も専門医に伝えると良いです。

膝の痛み原因

膝が痛み始める原因として、肥満や体型・日常の生活や運動習慣・遺伝や体質等があげられます。

太り過ぎてしまうと大きな負担が足に掛かり、膝に痛みを感じる場合もありますし、体型の一つとしてO脚気味の方は偏った力が関節の内側だけに集中する事になりX脚気味の方は逆に外側に力が集中します。膝の痛みは身体の歪みからもくる事が分ります。

そして日常生活で、立ち仕事やハード過ぎる運動で骨に負担が掛かると、膝の痛む原因ともなると言われているのは、バランスの良くない力が骨に加わると関節にダメージが出やすくなるからです。

膝の痛みが体質や遺伝から来る方は、軟骨が摩擦しやすいタイプの方が多く、足以外でも腰や肘等に気をつけなければいけません。

この様に、膝の痛みは様々な原因から起こる関節の痛さでもあります。

日々の生活やバランスの取れた食生活を心がける事も、膝の痛みを起さない為にも大切な事です。

また、膝の痛みを感じ始める原因は身体の老化からも来るとされています。

体内の血管が衰えると、体中のレーシック 名古屋筋肉や内臓器官に綺麗な血が行き渡らなくなってしまい体中の関節・軟骨にトラブルが生じ易くなってしまうのです。

膝に痛みを感じ始めたら、無理な体勢や生活習慣を見直す事をお薦めします。

日本健康倶楽部では健康診断の実施や相談などを行っています。
乾燥肌対策に役立つ情報を発信しているサイトです。

Copyright © 2012 膝の痛みについてのあれこれ. All rights reserved